二度寝を絶対しないための4つの方法

どもども!まっとです(@matt_922w) です。

冷え込んで来ましたねー。外に出るのが億劫になって来ました!

現在私は一人暮らしなんですが、一人暮らしってなかなか難しいですね。

色々な意味で自分次第なんで、しっかり意識しないとすぐに料理をサボってしまったり、部屋が散らかってしまったり問題がたくさん。

そして何より心配なことが

”起きれないこと”なんですね。

私はとにかく眠るのが大好き。小学生の時は学校が始まるギリギリまで起きずにいつもお母さんに叩き起こされていたくらいの子供でした。(本当にお母さんありがとう。。)

起きても隙をみて、すぐに二度寝して本当のギリギリまで寝ていて、朝ごはんを食べずに学校に行ったこともなんどもありましたね。

今回はそんな過去を過ごして私でも、一人で毎日しっかりと起きれるようになった方法を紹介して行こうと思います。

補足でいうと、かなり眠りは深い方だと思います。ベッドに入ってから5分ですぐに眠りに入れますし、どこでもどんな場所でも眠ることができる人間でもできたので、ほとんどの人には効くと思いますよ!

まずなんで起きれないの?

自分は今までずっと人に起こしてもらう生活をしていました。アラームが聞こえないぐらい深い眠りにつく時もありましたが、基本的には1度目が覚めた後の二度寝が大きな原因だったんですね。

基本的に一度起きるんだけど、そのあとに二度寝してしまって起きるべき時間に起きれないというのがほとんどです。

人によっては元から二度寝を計算に入れて複数回に分けてアラームをセットするという手段もあるそうですが、二度寝というのは基本的に脳にはあまり良くないようです。質の悪い睡眠になってしまうので理想としては二度寝を避けるのがベスト。

参考:

なのでこの記事では二度寝を塞ぐこと=しっかりと起きれる方法

という前提で書いております。

全ての方法は私が実際に試してみて効果の高かったものばかりなので少しでもあなたに役に立てるものが嬉しいです!

アラームを違う場所にかける

この方法が今のところ一番効果が高いです。

さっきも言ったように

起きれない理由の中で一番多いのが二度寝による寝過ごしだからです。

一度眼を覚ますことがあってもベットの中って天国みたいな気持ち良さがありますよね。

目が覚め切ってない分、どうしてもフワフワとした感覚になってしまったりしてそのまま二度寝をしてしまうことってありませんか?

これを防ぐために、アラームをベットから手の届かない場所に置くことでこの一番強い誘惑から逃れることができるんです!

これやってみたら分かるのですがかなり効果があります。ベッドから出て立ち上がることで体の中に血液が循環し始めて一気に目が覚めるんですね。寒い日なら特に効果がありますよ。立ちがるだけで眠気って一気に冷めますからね。

また夜寝る前にブルーライトを避けることは睡眠の質を高めることにも繋がりますからね。

アラームは一度だけ

何回もアラームをかける人がいますが、個人的には一度だけで十分だとおもいます。

いくつもアラームをかけてしまうとどうしても

「あと何回か鳴るし大丈夫」

と心が緩んでしまってなかなか起きれないんですね。

それを計算してやっている人もいると思うんですが先ほども行ったように

二度寝は脳にはストレスになる可能性もあります。

なのでアラームは一度きり、これを逃せば終わり!

ぐらいに自分を追い込んでしまいましょう。

音が聞こえないんだけど?っていう質問があるのかもしれませんが、誰かが消すまで消えないように設定をしておけば大丈夫だと思います。

心配するより一度試してみてください、1つの方が起きた時の気分もいいですから。

水を飲む

これもかなり有効です。人間はかなりの水分を寝ている時に消費しているので、朝水を飲むことは体にもいいんですね。

カップ一杯ぐらいの水をアラームの横に置いており、いつも起きて水を飲むようにしてます。

不思議な感覚なんですけど、水が体の中に循環していく感じをはっきりと感じることができるのでやってみてください。

水を飲むことのメリットもたくさんあるのですがとにかく、目が冷めますよ!騙されたと思ってやってみてくださいな!

これは最初に紹介した、ベッドから遠いところにアラームを仕掛けるというのとセットでやれば効果が倍増しますよ!

寝る前に水を用意するのを忘れないように。冷たい水だと体が冷えてしまうので常温の方がオススメです。ベッドから出たばかりの体はあったかいので常温でも十分冷たく感じると思いますよ。

起きてからコーヒーやお茶を入れるというのも効果はあると思うのですが、暖かいお湯を作ったりするのに時間がかかるので目が冷めてからやればいいと思います。

実際カフェインが利くのは飲んでから30分かかるようですしね!

起きた後のプラスαを意識

二度寝するっていうのは起きた時にすることがないから寝てしまうということだと思ってます。

だって海外に行く日の早朝に起きるのは余裕でしょ?

起きるという意味では同じなのに違いが出るのは

”起きた後に何をするのかをはっきりさせているかの違い”

起きるだけは比較的簡単です。でもその後に何をするのかを意識することで二度寝を防げる確率がグッとあがります。

起きた後に水を飲む、歯を磨くというようなルーティンを組むのも効率的ですし、

何か好きなことがあるのならば、それを朝一にするようにするのもいいかと思います。

とにかく起きてから何をするのかを頭に入れて置くことで二度寝を防ぎ、1日を効率的に過ごすことができるようになりますよ。

終わりに

今回は私が実際に一人暮らしをはじめてから実践していった方法です。これで今は寝過ごしをほぼしないようになったのでオススメです。

特にこれから寒くなってきて、ベッドの中がすごく気持ちよくなってくるのでベッドの中から出れるような工夫を凝らして行きましょう!

朝活という言葉もあるように、朝しっかり起きれるようになると時間を効率的に使えるようになります。

しっかり寝ることも大切なのですが、学生である自分は寝るのは大の得意なので起き上がり方の方にフォーカスしてみました。

少しでも役にたてば嬉しいですねー!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする