タクシーはもう古い?これからはUber の時代がやってくる?!

どもども!まっと(@matt_922w)です!

突然ですがあなたはこれから海外旅行にいくために空港に向かいます。空港までは歩いて40分ですが車なら10分で着く距離にあります。色々な荷物を詰めたスーツケースが2つあるとすればあなたはどうやって空港までたどり着くでしょうか?

また現地の空港から市街に予約してあるホテルまではどうやって行きますか?

僕ならば迷わずタクシーを使います。だってタクシーならば重い荷物を目的地まで運んでくれますし、道のわからない場所でもしっかりとあなたを送り届けてくれるからです。また僕の場合はその場所をよく知るタクシーの運転手に有名な観光地であったり、美味しいレストランがどこにあるのかをきくことが多いので。

でも、、タクシーって少し高くないですか? 特に知らない場所や違う言語を話す外国ならば遠回りされたり値段を多く取られることだってあります。特に自分の場合は発展途上国に旅に行くことが多いので予めネットである程度の相場を調べてタクシーの運転手と交渉することが多いんですね。

そんな悩みを全て叶えてくれたサービスを今回紹介します。

それが『Uber』というサービスです。

ぼくたちミレニアム世代を中心にどんどん広がっているあたらしい経済体系である

共有経済(英語でシャアリングエコノミー)を取り込んだサービスがこれからの主要な交通手段として変わっていくので少しでもはやくその波に乗りましょう!

日本ではまだ東京都心部と兵庫県の淡路島でしか使うことはできませんが、

時間とともに広がって行くのは避けられないでしょう。カスタマーからすればタクシーよりもメリットがおおいですからね!

今アプリを入れたかたならなんと最初のライドが無料になるクーポンがもらえますよ!

==>登録はこちらからどうぞ。

もし分からないことなどがあれば僕のツイッターにて質問もらえるとすぐに答えます。

Uberとは

Uberの仕組みはシェアリングエコノミーの先駆けとも言えます。

誰かが持っている車と運転手を運転手にしてしまうものです。

Win-winの関係で成り立っていて

運転手は空き時間に人を乗せてあげることでお金をもらい、乗りたい人はタクシーよりも安全に素早く、そして安い費用で目的地にいけるというものです。

全てはアプリを通して行われるのでクレジットカードさえ登録しておけば違う国でも問題なく使うことができます。
値段もアプリが事前に教えてくれるので大きくぼられるという心配もありません。

この仕組みは共有経済とも言われ、AirBnbなどでも使われているものです。

タクシーのように会社に雇われた専門の運転手がいるわけではなく、アプリに登録すれば誰でも運転手になることができることも面白い点です。

そういうと「安全面はどうなってるの?」と心配になるかたもいますがそれについては後の方で触れます。

また運転手になる側は人を乗せることで支払われる代金の一部を受け取ることができるのでそれが副収入となるわけです。

場所にもよりますがUberの運転手をフルタイムですることで月に80万ほど稼ぐ人もいるようです。

凄いですよね!夢があります。

Uberを使うことのメリット

それではここからUberが可能にした色々なメリットを紹介していきます。
普通に使っていると気付かない部分もいくつかあると思うのでUberをつかったことのある人にもぜひ目を通してもらいたいです。

料金が予めどれくらいかかるのかが事前に分かる

これはUberの持つ最大のメリットだと思います。日本のタクシーはメーター式なので距離に応じて値段が変わっていきますよね、普段慣れている場所ならばある程度の値段は予想できますが、旅行や出張などで新しい場所にいる場合はどうでしょうか?

また海外だと土地勘がないので相場もわからない。これを狙って観光客から普通の値段よりもぼったくる運転手も多いのが事実です。

それがUberを使えば実際に車に乗る前からアプリ内におおよその金額が表示されるため、事前に料金が幾らかかるのかを知ることができます。
これってかなり助かりませんか?

値段が安い

Uberを使えばタクシーを使うよりも値段が安くなります。お金を浮かせたいなら迷わずUberを使いましょう
なぜ値段が安くなるのかはとてもシンプルで運転手たちはUberが実際に雇っているわけではないからです。

タクシー会社のように運転手の固定給や車の管理費にお金をかける必要がないのでその分値段が安くなるというわけです。
また運転する側も人を乗せた分だけ報酬をもらえるので個人のタイミングや好きな時にできるのでWinーWinというわけですね。

複数の値段オプション

Uberには色々な料金オプションがあります。これらは乗る前に選択することができるのですが

一人ではなくグループの場合
とにかく安い値段を求めている人向け
そして少し贅沢をして高級な車に迎えにきて欲しい場合
などのシチュエーションに応じた料金プランが用意されています。高級車のオプションは使ったことはありませんがいつか試してみるのもおもしろそうですね。

メインのものをいくつか紹介しておきましょう。

Uber Pool
これは殆どの場合最安値で移動することができるオプションです。アメリカでは相乗りをすることをCar poolというのですがそれをUberに当てはめたのがUber Poolです。
つまりタクシーの相乗り機能のことです。目的地が同じであったり、近くにいる人をまとめて連れていく代わりに値段が更に安くなるという仕組みです。
ルート設定などはアプリが自動でやってくれるので必要なのはどこに行きたいのかの目的地を指定するだけです。

僕はこれが二つの理由で好きです。
一つは単純なコストを抑えることができること。
そしてもう一つが新しい出会いに繋がることがあること。
相乗りで乗ってくる人は色々な人がいます。観光客の場合もありますし、近くの会社にいく途中かもしれない。またはバーからの帰りというのもありますね。

外国の人たちは基本的にフレンドリーなので一緒に乗るような時は話しかけるようにしているのですがその短い時間でも何か新しいことを学べることってあるものです。
短いなりにも素敵な出会いがあるのでUberのおもしろさの一つだと思っています。

UberX

これがタクシーの形に一番近いですね。乗る時に人数を選択しておけば運転手が迎えにきてくれます。時間やどれくらいの時間で着くのかもアプリを通して見る事ができます。

Uber Express

こちらは使ったことがないので詳しくはわかりませんが普通の車よりも高級な車に乗ることができるサービスのようですね。基本移動はできるだけ料金を抑えたいので使うことはないような気がします。

到着時間をある程度把握できる

これがかなり役にたちます。友人と待ち合わせなどをしている時にUberを使うならば到着時間もアプリを通して見れるので相手に伝えることができます。
この時間の計算はその場所の交通状況なんかも把握しての予想なので比較的外すこともありません。渋滞に巻き込まれる可能性もあらかじめわかるのがいいですね。
僕は友達といる時に電車とタクシーの両方が使える時は一応Uberで値段と時間をみるようにしています。
人数で割るならばUberを使う方が安くて、早く着くことも多くあります。

移動をアプリで追うこともできる

ネットが繋がっている必要がありますがアプリ上でルートがあらかじめ設定されているので視覚的に今どこにいるのかを確認することができます。
これはタクシーだと分からないですよね。遠回りをされていたとしても土地勘がない場合はどうしようもできません。日本ではほとんどないと思いますが外国だと
タクシーの運転手が遠回りをして余分に料金を取ろうとするのはよくおきます。ですがUberを使えばそのような心配もありません。

言語が必要ない

これ人によってはかなり助かることだと思います。違う国に行けば言語が違うのでコミュニケーションを取るのが難しいんですよね。ですがそのような場合でも
アプリを使うだけなので車に乗ればあとは目的地着くのを待つだけでいいです。
もちろん話かけてみたい場合はどんどん話してみればいいと思いますが車の中でちょっとした作業や仕事をしたい人なんかにもこれはかなりのメリットだと思います。

またこれにより運転手側も得をしています。
アメリカの場合は多くの運転手は移民の方がしていることが多くて英語がうまく話せない人もたくさんいます。

その人たちもUberによってアプリを使えば会話も最小限で済むようになったので

一つの仕事の選択肢が増えたことになります。

これはかなり画期的な変化だと思います。テクノロジーの進歩はすごいですね。そのうち無人のタクシーも出てくるのでしょうか?(Uberはすでにその計画を始めています。)

安全面は大丈夫なのか?

運転手は一般の人だし車の普通の乗用車を使っているのなら安全面が心配だな。と思う方もいると思います。あらかじめ言っておくならば絶対に安全という保証はありません。

悪い運転手がいるのは事実です。ですがそのような問題が起こらないような仕組みがいくつか取り入れられています。

犯罪の防止策としても取り入れられているのがレビューシステムというものです
これは運転手と乗った側がお互いに相手のことをレビューとして評価することができるシステムです。

このお互いに評価することができるシステムのお陰でUberは運転手の質を保っています。
評価が高ければ高いほど乗る側も安心して乗ることができます。またアメリカ特有のチップを渡すこともできるのでいいサービスをすれば通常よりも多くの料金をもらえることもあります。

運転手側も評価を高く保つために色々な工夫をしています。

僕が乗った中ですごいと思った運転手は車の中にガムやちょっとしたおやつを置いており、また充電器のケーブルが用意されているので携帯を車内で充電することができるようになっていました。
もちろんこの人には最高評価をあげました。少しのチップも渡しました。
真面目に働いているUberの運転手はその分多くの高評価をもらうことができ多くの人に利用してもらえるし、乗る側も安心してサービスを使用することができるということです。

ちなみに僕は月に2−3回ほどはUberを使っていますが今まで危険な目にあったことは一度もありません。
むしろ毎回色々な人と話ができるので進んで使うようにしています。

もちろんこれだけで完全に安心できるわけではありませんが危険というのは道を歩いているだけでも潜んでいるので気にしてもあまり意味がないと思います。
確率的な話で言えば限りなく低いので日本のJR電車が遅れる確率の方が断然高いと思います笑。

今なら割引クーポンがもらえる!

Uberについてはある程度どのようなものか分かって頂けたと思います。Uberは残念なことに日本ではまだまだ普及していないのですがつい最近、兵庫県の
淡路島で試験的な実践が始まりました。おそらくですがタクシー業界との問題が色々あるのでしょう。それでも使っている側からすればウーバーの方が安心ですし費用も浮くので近い将来日本全国で使えるようになるでしょう。外国に行く予定がある人ならば絶対に入れておくべきですし、日本に住んでいる方も早めにアプリを使ってみて慣れるのがいいと思います。

今だとアプリをダウンロードした人は最初のウーバーの料金が無料になるというキャンペーンもやっているのでぜひ登録してはどうでしょうか?

==>Uberの登録はこちらから

おわりに

少し長くなってしまいましたがUberというサービスの素晴らしさが少しでもわかってもらえたかと思います。

アメリカに住んでいる人ならば基本的にみんな使ってますし、世界100カ国を超える場所で使う事ができます。

タクシー業界との衝突もありますが日本でも使用が認められるようになるのは時間の問題でしょう。運転手になるという選択肢ももちろんあります。気になったならまずは使ってみましょう。

最初のライドは無料なので実質のリスクはゼロです。タクシーよりも使いやすくてなおかつ使い心地の良さにびっくりするでしょう。

分からない事があれば僕のTwitter(@matt_922w)にDMかリプをくださればいつでも返事させていただきます。

==> Uberに登録してみる(最初のライドは無料!)

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする